2014年2月15日土曜日

シンガポールの飲食店はどう口コミされてるか? - 飲食SNSの事例

 Hi, アジアクリックシンガポールのシャロンです。
食費支出が22%を占めるシンガポーリアン。うち外食は13%で、食料品飲料を凌ぎます(JETRO調べ)。
 外食する飲食店を、シンガポーリアンはどう探しているのでしょうか?

 それは人気の飲食店SNS(ソーシャルメディア)サイトとアプリでの口コミです。
飲食店 を探すときはシンガポール版食べログのhungrygowhereや Soshiokといった飲食SNSとiPhone・Andoroidアプリ を使い、検索・評価・写真やコメントを残したりして食べたい飲食店を探しています。

(これらサイトに、飲食店は無料で掲載が可能)

 書かれる口コミは、厳しい物も多いです。「サービスが悪い、みんな来ないで下さい」などといったコメントもつけれています。逆に「○○がとても美味しいので来たらぜひ食べて下さい」「この価格はお得」といったコメントがシェアされています。

(情けのない口コミがされるシンガポール飲食SNS)
 上の写真では、このナシゴレンは640円の価値があるか?という投稿Facebookやツイッターなどで意見がシェアされています。Facebookでのシェアが多いことが分かりますね。
これら飲食SNSだけでなく、Facebookやツイッターで自分の店がどのような口コミがされているか確認する必要がありますね。
また、ライバル店や類似店の口コミを確認しておくのも進出時の検討に際しては必須といえるでしょう。

(アジアクリック・シンガポール担当/シャロン)

【 2/20(木)はアジアSNS勉強会 】
「シンガポールから直送!!東南アジアSNS成功・失敗事例勉強会」と題して、タイ・ベトナム・マレーシア・シンガポール・インドネシアのB2B・B2C成功事例・失敗事例からマーケットと消費者を学びます。

↓詳細・申し込みはこちらから

ShareThis

ShareThis