2014年2月23日日曜日

【ベトナム】ファンに思いやりのタグ付けでブランディング!夫婦を取り込む粉ミルクメーカーのフェイスブック活用事例

 平均年齢28歳と非常に若く、とにかく活気に満ちあふれる国、ベトナム。8,877万人の人口に対し、ネットユーザー数は3300万人、うちベトナムのフェイスブックユーザー数はなんと2200万人を超えています。
 このような背景をふまえ、ベトナムでのSNSを利用したブランディング展開も、フェイスブックの利用が主流となっています。ベトナム人の心をつかむフェイスブック活用方法とは一体どのようなものでしょうか。



 フランス発の粉ミルクブランド「Dumex Vietnam」は、2012年6月にベトナム向けフェイスブックページを始めました。同ページでは、妊娠や子育てに不安を抱えるママ達によりそい、応援することを一番の目的としているそうです。投稿には、自社製品のPRはあまり見られず、子育てに関するまめ知識や、パパママへの応援メッセージにあふれています。

 このページでいちばん驚くべき点は、ファンから一人を選んでタグ付けし、そのファンに向けたメッセージを投稿していること。投稿の内容は、季節の挨拶から子育てアドバイスまでさまざま。タグ付けの対象は妊婦や子育て中の家族とは限らず、いいね!してくれたファン全員から選ばれているようです。突然タグ付けされたファンは驚きつつも、喜ぶでしょう。ファンへのタグ付けによって、閲覧範囲を広げ、さらなるファン獲得にも効果がありそうですね。

                   タグ付けされた投稿の一例

 「Dumex Vietnam」のフェイスブックページでは、ひとつのポストに対していいね!やシェアの数が多いのは勿論、ここ一週間の投稿だけで見ても、すでに平均10以上のコメントあります。日本語版のフェイスブックでいくら人気の企業ページを見ても、これほどのコメントを得ているページはほとんどないでしょう。

 ベトナム人はとても感情的だと言われています。
Dumex Vietnam」は、そのおもいやりあふれる投稿と、ファン一人ひとりを大切にするフェイスブックページでの姿勢がベトナム人の心をとらえ、絶大な安心と信頼を得ることに成功したと言えます。

 ベトナムでのフェイスブックページ運営の際は、思いやりの姿勢をお忘れなく!


【 シンガポールで、自治体・企業のPRオフィス機能代行します 】
東南アジア市場のPRオフィス機能を代行、ASEANの消費者と日本のビジネスマッチングを提供しています。 観光インバウンドに、企業の現地営業サポートに。詳しくは
http://asiasns.blogspot.jp/2014/02/prasean.html

ご相談は、電話 03-6205-5619 またはメール info@asiaclick.jp までお気軽にどうぞ。

ShareThis

ShareThis