2014年2月12日水曜日

「もし日本に○○があれば…」~訪日台湾人旅行客がまず日本に望む、3つのサービスとは?

 はじめまして、こんにちは!台湾担当のチャニンです。初記事では、台湾の人々が訪日旅行の際にまず欲しい、3つのサービスについてお伝えします。

 台湾経済雑誌「遠見雜誌」のアンケート調査より,台湾人一番行きたい国は日本です。「便利、綺麗、先進。」とよく言われる日本は台湾人に対してはとても魅力的な国です。その上で、日本へ行きたい台湾人はたくさんいるだけではなくて、数回以上行ったことがる人も高い割合を占めます。多くの方は日本のサービスは本当にいいと思いますが、しかし、もし以下のサービスが増加したら、もっと行きやすくなれるはずです。

 まずは、外国人観光客に向かう日本旅行用アプリです。交通機関路線図、時刻表、交通ガイド、近く勧める店舗、レストラン、観光サイトを含みます。それに、GPS技術を通じて、使用者所在の近くの連携店舗のクーポンも提供されます。スマートフォンが持ったら、事前準備をしなくても、いつでも日本へ行けます。特に初訪日者にはとても便利だと思います。

 次に、短期案内サービスです。交通が発達のおかげで、観光者が都市圏で移動することは難しくないと思います。しかし、もし都市圏外へ行きたかったら、列車やバスに乗り換える必要があり、外国旅行者には交通問題ちょっと難しくなれるかもしれないです。だから、短期案内サービスがあれば、この問題は解決されると思います。都市圏で行きたい場所は自分で行って、都市圏外で行きたい場所は短期案内サービスに通じて、行き易くなって、もっと楽しい旅に作られそうです。
 台湾では多くのバス会社は短期案内コースがありますし、タクシーでもこんなサービスでも提供されます。バスやタクシーで移動して、運転手も案内を提供されて、気楽な旅になれますじゃないでしょうか?


 最後には、全国交通機関通用乗車カードです。現在、外国人旅行者限定乗車券もうありますけど、しかし、この乗車券は全面的で使われません。例えば、東京地下鉄システムはTokyo Metroと都營ですが、各自で乗車券があって、共用されないです。だから、ある時に観光者は「乗車券もう買ったのに、何で使われないですか?」という疑問があります。勿論両方でも買えれば、この問題が解決されますが、しかし、もし旅行中では一回だけで、ある交通機関を使いたいと、わざわざ買えば、それはちょっと便利ではないかもしれないです。
 また、二つ以上の県へ行きたい人も多さそうですよね。各自の乗車券を買うのは時間と便利性は高くなれないでしょうか?だから、もし全国交通機関通用乗車カードがあれば、もっと便利になれる旅ができると思います。
 台湾の首都―台北では、もし「台北観光パースポート」が持ってれば、台北市と台北県のパスや地下鉄は全面的で通用されます。また、人気店舗と連携して、無料商品を取り替えるし、割引もできます。

 旅行の便利性がもっとやすくなれば、外国人観光客の来日願意が高くなれます。一方的で、日本の旅行関係企業にも売り上げをあげる可能です。それは
win-winになれるのじゃないでしょうか?

(アジアクリック・台湾担当/チャニン)

ShareThis

ShareThis