2014年2月5日水曜日

外国人観光客数が年々増加するインドネシア、その観光潜在能力とは?

 Selamat pagi! インドネシア担当のロナルドです。
 
さて、インドネシアの観光・創造的経済省によると、2013年のGDPに占める観光産業の割合は、前年比15%増。外国人観光客数は7.3%増加し、外国人観光客からの外国為替は8.17%増加したそうです。これらの増加は、政府による12の新空港開発計画によってインフラや空港施設が改善されたことから達成された、と考えられています。
 
 
 また、インフラの改善に加えて、人々の購買力もまた観光の増加に影響を与えました。また、多くの航空会社が国内・国外ともに新路線の運航を開始しましたし、言うまでもなくホテルの数や、新しく観光地として売り出した地域の数も増えました。ちなみにこの新しい観光地とは、西パプワのラジャアンパット(Raja Ampat)、東ヌサトゥンガラのコモド島(Komodo)、そして 西ヌサトゥンガラのロンボク島( Lombok)などです。

 次に、外国人観光客だけでなくインドネシア人自身についても見てみましょう。別のデータによると、休暇はインドネシア人にとって積立金や貯蓄を使うところであるだけでなく投資先ともみなされているようです(これは他国も同じ?)。人々は休暇の過ごし方について1年前から計画している、という結果も出ているそうです。ルビア安であれば、多くのインドネシア人は日本などの同じアジア諸国や国内へと旅行し、ルピア高になればニュージーランドやアメリカ、ヨーロッパなどさらに遠くに旅行することになるでしょう。
 他にも明らかになったのは、14%の人々が旅行代理店の新しいサービスを求めているということです。旅行代理店は代理店どうしの競争のみならず、航空会社やその他企業によるインターネットでのマーケティングとも競争しなければなりません。とはいえ、旅行代理店もまだ成長する余地がありそうです。

 インドネシアの観光産業は、これから25%成長すると予測されており、2014年も飛躍の年となるでしょう。

(アジアクリック・インドネシア担当/ロナルド)

ShareThis

ShareThis