2018年1月16日火曜日

【2018年度版】シンガポール人観光客を誘客する方法

Hi, シンガポールからアジアクリック高橋学です。シンガポールで起業してから4期が経ちました。実際シンガポールに住んで働いてみるとなんのことはない、シンガポール人だって普通の人たちです。しかし、52年でジャングルからここまで発展した国はすごい。小さいからこそできる挑戦や統制はありますが、やはり李光耀氏の捧げた小国家作りというのはほかに例を見ないくらい素晴らしいものであり、シンガポール国民はみな誇りにしているところであります。

本日はそんな熱帯の東南アジアにある小国の巨人、シンガポールからの訪日誘致についてのポイントを2点お伝えします。



(写真は都会な2018年1月のシンガポール、彼らが訪日に求めるのは生っぽい本物の体験)

①個人旅行FIT比率が9割以上
シンガポール人観光客のペルソナとして、英語中国語がほぼネイティブで、大学院卒。ITで言ったら日本韓国以上なわけです。
となると、インターネットからの情報収集はおてのもの。自身での旅行計画もお手の物。本当の情報と広告も見分ける能力が備わっております。
ですので、単純にシンガポール人には「ここにしかない観光スポット、ここでしかできない体験」をインターネット上で伝えましょう。Facebookでもいいし、英語のホームページ+グーグル広告でも良いです。彼らは情報を見つけ構築する能力がありますので、あなたの観光地をシンガポール人の選択肢の1つとして、情報提供をし続けましょう。 ※ちなみに中国語はいらないです、英語でオーケー。

②1割の団体ツアーをどう攻めるか?
GITをどう誘客し、どうツアー造成するかがシンガポール訪日市場では難しいです。
ダイナシティなど大手旅行社でも、FITパッケージを揃えて来ています。シンガポールではもう団体客だけでは売り上げがたてられなくなっているのです。
ではどうするか。東京や大阪と組み合わせられる1〜2泊程度のカセットプランを提供しましょう。
1割しかいない、団体ツアーを申し込むシンガポール人観光客はどんな人たちでしょうか? きっと家族数世代であったりお父さんお母さんと一緒に楽に日本の旅の思い出を得たい30代の子連れ夫婦であったりします。つまりキーワードは楽で楽しい、移動が楽で思い出の写真がたくさんとれる旅程なわけですね。 旅行会社または担当者によって好みは異なりますが、現実的に組み込みしやすいインアウトの旅程、また最後の一押しとして助成金もある程度有効です。

シンガポール人人口は300人ちょっと。そのうち30万人以上が毎年訪日しています。これは隣国台湾や香港に次ぐ規模ですね。だからこそリピータである彼らに深くより日本的な(便利でなくとも)観光情報を生っぽく伝え続けることが大切なのです。

アジアクリック 高橋学




【2018年度版】 マレーシアの訪日市場について

基本として、マレーシアは多民族国家であり、大きくイスラム教徒であるマレー人と、マレーシア華僑が2大訪日層となる。




マレー人は、ブミプトラ政策により最上位に位置付けられている民族。あらゆる生活面において優遇されている。法律によりマレー人はイスラム教でなければならない。

マレーシアンチャイニーズは、4、5世代前に主に中国大陸南方から移住して来た中華系華僑。現在はその土着化への努力により一定の富とネットワークを持つ一族も多数。

マレーシアは熱帯気候のため日本でいう四季というものが存在しないため、春の桜や秋の紅葉、また冬の雪に関するアクティビティおよび季節のイベントや風習に対し興味が強い。  訪日第一回目は東京や関西などの行きやすい日本文化を体験し、次いで北海道や九州、ゴールデンルートなどを経て九州四国東北等の地方へと周遊する。

マレー人はムスリムのため、ハラルでないと食べられないが、現時点ではそれを覚悟してカップラーメンなどを一定数持ち込んで(日本のハラル対応には期待していない、地震で対応する)訪日旅行を行なっている。

マレーシアンチャイニーズに関しては特に宗教上の理由が存在しないため、家族等同行者の楽しみや嗜好、期待を叶えることが第一優先となる。例えば、孫がアニメ好きであれば聖地巡礼になるし、一家の長であるおじいさんへの孝行的訪日旅行であればより楽に、祖父母が喜ぶ方法へ方向へ、価格は気にしない一族ピラミッド型家族移動を行なっていく。

年配者のの移動や外国での不便に不安があれば、GTT等グループツアーを得意とするクアラルンプールなどの中華系団体旅行会社に相談、ツアー参加するが、富裕層ではその限りでなくオリジナルツアーを手配を行う。

若年層は訪日ビザが解禁されているため、より安い個人旅行で日本旅行を計画する。まずは友人と時間があう日程を確認し、その期間でのエアアジア等LCC格安航空会社の価格をチェックし、まずはエアを抑えてしまう。その後、Facebookなどの口コミを頼りに、興味を持った観光地スポットをオリジナルグーグル地図に登録しながら移動計画を立てる。マレーシア人FITの訪日計画も、全てはスマートフォン上で完結するのである。

以上、マレーシア訪日市場で押さえておきたいのは4点。

マレー人とマレーシア華僑の違い。
ムスリムのハラル。
大家族ゆえのグループツアー需要の存在。
スマホで完結する個人旅行の訪日準備。

シンガポールの9割を超える個人旅行化やタイ人の民族の融和を経た自由な訪日形態とは異なる、多民族国家ならではの訪日流行形態がマレーシアにはある。


アジアクリック 高橋学

2018年1月12日金曜日

【2018年度版】タイ王国マーケット〜訪日、進出、お薦めビジネス

タイバンコクからサワディカップ、アジアクリックの高橋学です。
今日は久しぶりに2018年度版ASEAN諸国の訪日の特徴を伝えたいと思います。
データはJETROJNTOの最新情報がみれますのでそちらからどうぞ。

■タイ王国
1)タイの訪日市場
 FIT誘致で最も打てば響くのがタイランドです。日本人気が続くタイランドでは、PRにはFacebookとパンティップ掲示板を使うのが良いでしょう。
 グループツアーについてもタイランドでは主要旅行会社が前向きに訪日ツアー商品の調整を行っています。その際、観光地の1番の魅力と補助金等ビジネスになる情報を持って旅行会社と協力してツアーを造成しましょう。

2)タイへの進出
 消費者市場として魅力的なタイランド市場は、バンコクだけではなく大都市であるコラート(ナコーンラーチャシーマー)やチェンマイなど成熟した市場内にあらゆるサービスや飲食店が展開されています。また工場を伴った生産拠点としても人材やインフラともに安定しているのでシンガポール以上に日本からの視察が多いマーケットとなっています。

3)タイでのビジネスのお薦め、比較するべきアジアの国は?



 ①訪日
  訪日インバウンドにおいて2017年度タイランドからのタイ人観光客は800,000人を超えました。これはシンガポールやマレーシア、ベトナムフィリピンなどの倍以上の数字になります。先にお話しした通りタイでは4年以上にも渡最も人気の商品は訪日旅行であり、休みとお金がたまれば中間層以上は日本に行っておいしい日本料理を食べ、体とは全く異なった日本文化の体験をするのが大きな潮流として続いております。個人旅行としても、団体ツアーを予知するにしても相手は素直で日本に興味を持ってくれているタイ人ですからとても他国に比べたらやりやすい市場だと実感しています。

 ②高付加価値産業
  昨今、経済成長に合わせてタイランドでは富裕層がどんどん生まれており、また逆に中間階層との格差が広がっています。食べ物と言えばおいしいだけでは無い健康に良いものをバンコクなどの歳の女子大学生等は効果でも買っていたり、スマートフォンではなくキャノンやOLYMPUS、富士フィルムといった日本ブランドの一眼レフカメラを親にねだったりしています。また胎児の特性として「宵越しの銭は持たない」風潮があります。大和南国ですので特にお金がなくても死ぬ事はなく、また仏教国ですのでお互いの助け合いによって食べるのに困ると言うこともありません。またマイペンライという言葉に代表されるように細かいことを気にしたりメンツを気にしてまで何かに義理立てをすると言うことも多くありません。

 ③リタイア
  よって日本にない自由とのんびりとした生活がタイにはあり、タイランドにはない規律と質の高さが日本にはあります。タイランドには60,000人の日本人が在住していますがこれからもますます行きづらい日本とタイランドの二足のわらじを生活の基本にする富裕層は増えてくるでしょう。


アジアクリック 高橋学

2016年8月15日月曜日

ブログ移転しました。


ブログをこちらに移転致しました!



これまでのブログが、内容、読みやすさ、ともにパワーアップ移転しております!

・東南アジアのソーシャルメディア事情、ビジネス活用事例
・訪日観光インバウンド
・東南アジア進出

など、現地でのソーシャルメディア利用方法や消費者の姿を伝えます。



 ASEANでのPRのお問合せはアジアクリックまでお気軽に。
 電話 03-6205-5619(平日 9〜18時)
 メール info@asiaclick.jp
 担当/高橋までお気軽にどうぞ。

2014年7月16日水曜日

【緊急投稿】アジア富裕層ビザなし訪日は有効か?

大前研一氏 アジア富裕層はビザなし訪日可能にすべきと提案
http://www.news-postseven.com/archives/20140715_265785.html

という記事を読んだ。
シンガポールを拠点に、ASEAN及び台湾香港の訪日観光PRに携わる者として、現地からも大いに賛成させていただきたい。




◼︎アジア富裕層の求めているもの 〜本当の体験と安心・安全

理由として、
①アジア富裕層でも日本ビザ申請は面倒であり、気持ちが遠のく。
②ASEANの人々が世界で最も観光したい国は日本である。
③アジア富裕層はより高い質の体験、サービス、商品、安心安全を求めている。
④富裕層にこそ響きやすい高価値で文化的な観光コンテンツを日本は持っているし、開発している
⑤日本は最も観光コストがかかるが、富裕層はお金はいくらかかっても良い、貴重な体験を求める

つまり、富裕層はお金では買えない体験を求めているのである。
韓国や台湾、タイよりも表現しにくい貴重な体験ができるのはどこか?
歴史が長く、独自の文化を育ててきた日本である。

◼︎富裕層には精神的に豊かになる体験を 〜老夫婦からのビデオレターに感動

先日、シンガポールの富裕層20人が高知の網引き漁を一緒にしたお爺さん夫婦からビデオレターをもらい、更なる富裕層を引き連れて再訪したという出来事があった。

彼らは中国で不動産で一山当てた成金とは違う。多くは4.5台続いた華僑の名家であり、欧米の大学院を修了した教養ある文化人である。

◼︎桜や温泉はライバル国のものになりつつある

昨今、韓国は桜を、台湾は温泉を広告の要に使ってASEAN中でPRしている。日本の無形資産が韓国のもの、台湾のものと認識され始めているのである。


台湾PRに温泉を全面に出している。
韓国は、桜を前面に出した広告展開

また、訪日外国人は、昨年ようやく念願の1000万人を突破したが、人口500万人のシンガポールには1500万人、人口2800万人のマレーシアには2500万人の外国人観光客が訪れ、抜本的な制度改革をしないと世界的な観光客誘致合戦でますます差をつけられてしまう。


お金が全てを測る物差しではないが、親日で教養もあり日本の文化歴史、季節や地域間の小さな違いの分かるASEANの富裕層になら、日本の門戸を開いても良いのではないだろうか。
(アジアクリックシンガポール/高橋学)

2014年5月7日水曜日

香港のソーシャルメディア最新事情【2014年版】スマホはSONY, SNSはインスタグラムが定番!

■「香港でなくなった」香港

中国に返還され、中国の経済発展とともに益々中国大陸化する香港。街ではかつてのように広東語ではなく、北京語が溢れ、中国人富裕層のためのブランド店が乱立し、香港っ子に言わせれば「香港は香港でなくなった」そう。仕事でもプライベートでも、中国大陸と向き合っていかねばならない状況で、経済格差が広がり、若者も結婚できず、押し寄せる中国大陸化に不安を覚えています。

金融都市として発展してきた香港も、今や中国大陸に飲み込まれてしまった

■香港っ子の楽しみは「ショッピング」「食事」「おしゃべり」

札幌市ほどの大きさの香港では、休みの日はCoursway bayなどでショッピングし、友達とご飯を食べながらおしゃべり。たまにランタオ島やマカオに遊びに行くくらいです。だからスマホは彼らの手足の延長のようなもので、欲しい洋服やガジェットのお店の口コミ、美味しかった飲茶の種類やお店、はては恋愛や仕事のグチまでを平日も、そう、スマホでおしゃべりしているのです。
 ちなみに、香港っ子の海外旅行はWEBで調べて予約しての個人旅行。人気は上から台湾、韓国、日本、タイ。訪日で最もリピート率が高いことでも知られています。

香港島のCauseway bay、渋谷かと見間違うばかり。


■「スマホでチャット」はアジア共通、Sonyスマホも人気

香港でのスマホ率は63%で世界最高水準、街中では"歩きスマホは危険"とアナウンスが流れます。香港っ子に人気のスマホは上から順に iPhone, Sumsung Galaxy, そしてSonyのExperiaやSonyエリクソンのアンドロイドスマートフォンで、よくトラムや地下鉄で交通広告も見かけます。

2014年3月に香港で最も人気の投稿もSonyエクスペディア。
撮った写真がARになるそう。

スマホでおしゃべりにつかうのが、LINEなどのメッセンジャーアプリ。香港では
・スタンプが人気のLINE
・中国系で利用者が多いWeChat
・Facebookから流れでおしゃべりFacebookメッセンジャー
・定番の英語系Facebook傘下Whatsapp
・韓流カカオトーク
の順に多く使われているようで、「LINEつかってる?」は香港でも合言葉。また英語と広東語、北京語ができる香港っ子は複数のチャットアプリを使い分けています。

LINEの限定地下鉄カード(スイカのようなICカード)は買いきり。LINE人気が見える


■近況はSNSで。インスタグラムが大流行中!

以前、タイで写真系SNSのInstagram(インスタグラム)が流行っていることをお伝えしましたが、香港でもメインアプリとして使われています。理由は、インスタグラムで投稿すれば、Facebookにも同時投稿になるから。美味しい食べ物やおしゃれな洋服やお店のの写真を撮って、友達たちと見せ合いっこするのです。
まるで、インドネシア人の導入SNSアプリPathのようですね。
もちろん、定番Facebookは総人口の約56%が使っており世界12位です。

年齢も横断でFacebookを利用している香港(ソーシャルベイカーズ 2014年3月)


■小規模店から、著名ブランドまで「インスタグラムな」香港

香港で飲茶を食べるときは、注意してお店の壁を見てみて下さい。Facebookやインスタグラムのアドレスが載っていることが多いはずです。飲食店などの小規模店から、名前のあるブランドまで、香港マーケティングにはSNSは欠かせません。常にスマホでおしゃべりをしているのですから、その会話の中に自然に出ていこうとするのが、ソーシャルメディアマーケティング。決して押してPRするわけでなく、常に存在をどこかで意識してもらって、好きでいてもらって、必要なときは消費者に選んでもらう。その何年ももしかしたら何十年も続かせたい消費者とのコミュニケーションに、スマホの画面上のSNSがインフラとなっているのです。

香港でのインスタグラムでの写真投稿。街の風景や料理、自画撮りなど。
特に、香港からのFIT観光インバウンドにはFacebookでのPRは欠かせない。

英語と繁体字でのFacebookページとインスタグラムで、香港っ子と距離をつめてみませんか?当社も応援します。(アジアクリック/高橋学)


次のオススメ記事

2014年4月24日木曜日

ビザ免除ニュースで、インドネシア人観光客が知りたいことまとめ

Selamat siang, インドネシア人観光客担当のベルダです。 インドネシア人訪日観光ビザが解禁になるかもしれないニュースはインドネシア人の間でもニュースです。 去年からインドネシア人の友達から、日本旅行について質問が頻繁にきています。 考えてみたら、VISA免除じゃなくても、すでに日本に行きたいインドネシア人がたくさんいると思います。 問い合わせした友達は、結局ツアー団体に参加しないで、個人旅行、家族グループ(少人数)で行くケースが多いです。 旅行会社のツアーで行かないのでいろいろわからないので、私に聞いてきています。 インドネシア人からの訪日旅行についての質問でいちばん多いのは: ①宿泊 安いホテルで泊まりたい。 ②観光地について、 花がたくさんあるところはどこ、 青森の温泉はよいのか? TDL・TDS以外、東京都内にどんな遊ぶところありますか 札幌は何がある?など ③時期・季節について なぜか「日本といえば寒い」という印象が強いのかな? 季節について何もわからない。一年中寒いの? 雪は何月? ④距離 1週間で足りる、このルート?大阪・京都・奈良・富士山・東京・北海度、 大阪から札幌まで何時間? たくさんのメディアが日本に関する情報を発信していると思いますが、やはりまだGAPがあるようで、日本という国はただのジャワ島のようなものだと思っているかもしれません。

インドネシア人の友達は、日本についてとても深く興味を持っていますが、現地で流れている情報はバラバラでまとまらないですね。 例えば日本は寒い!という思い込み。たぶん富士山のせいです。富士山に雪がかかっているので、日本というイメージは寒いとインドネシア人が思っているかもしれません。
また、華人もイスラム教徒のプリブミの友達からの質問、食べ物に関して質問はまったくありませんでした。 食べ物について、そんなに気にならないそうです。 一番気になるのは、ホテル代です。 一人おおよそ一泊3000-5000円前後、もう少しアッパーミドルは一人10000円を超えないくらいが希望です。

(インドネシア担当/ベルダ)



ShareThis

ShareThis