2018年5月3日木曜日

【2018年度版】フィリピン人観光客を誘客する方法

フィリピン人観光客を誘客する3つのポイント
①マニラ主要旅行会社への営業
②増え続けるFIT個人旅行者へのPR
③英語圏であることを強みとしたメディア掲載

2017年、フィリピン人観光客はシンガポール人観光客などを抜いて今年2018年度においてはアメリカ、タイランドに次ぐ世界第9位の日本旅行大国になると言う見通しが出ています。

実際、シンガポールやマレーシア、インドネシアのようにピザが解禁にもなっていないにもかかわらず年間400,000人以上ものフィリピン人がどこの地方もほとんどフィリピン国内に向けてPRしていないにも関わらず彼女たち自身が日本に旅行に来ている事実があります。
現在フィリピン市場に向けて積極的に情報収集やPRをしているのは、長野県、佐賀県、日光市など一部の自治体のみです。話を聞くとやはり以前の日本へ芸能ビザで渡ってきたフィリピン人へのイメージが強いらしいですが、実際マニラに行ってみるとその発展ぶりに驚かされます。端的に言えば新しい市場としてはベトナムよりも大きく、シンガポールよりも可能性があると言えるでしょう。

①主要旅行会社への営業
マニラ首都には現地のローカル旅行会社が数十あります。400,000人もすでに日本旅行に来ているわけですから、彼ら自身でそれらを既にさばいていることになります。特に在フィリピン日本大使館から認定を受けた現地旅行会社が10社ほどあり、FIT個人旅行客の日本ビザ申請を1日数百人レベルで受け入れています。まずはこれら旅行会社にアプローチしていくのが良いでしょう。

②増え続けるFIT個人旅行者へのPR
①で述べた通り、今のフィリピン日本旅行のトレンドはズバリ、個人旅行です。ツアーとして募集し日本に着いたら現地解散、帰りの飛行機前に現地集合と言った風なフリー時間中心のツアーを募集している旅行会社もあると言うことも耳にしています。
フィリピンのFIT個人旅行者にアプローチする効率的な方法はズバリFacebook広告です。または現地のローカル旅行会社と交渉して彼らのFacebookに投稿してもらうのも良い手段でしょう。

③英語圏であることを強みとしたメディア掲載
フィリピン人はほぼ全員が英語を話します。最近は逆にタガログ語が話せないフィリピン人も増えているようです。欧米のメディアから情報を得るフィリピン人たちは、ベトナム人などとは違って福島の原発のことも知っています。風評被害は多少はあると認識しましょう。
しかしながら逆に言えば英語圏のメディアを活用して効率的にフィリピン人にアプローチすることもできるということです。しかしBCCやCNNなど欧米のメディアは数千万円レベルと非常に高いですが…やはり英語を生かしたFacebook発信がまずはお勧めです。

以上を、新興市場としてのフィリピン日本旅行市場を紹介しました。フィリピン国内には第二の都市セブやダバオなど今後日本旅行博が行われる予定の都市もありますが次回に譲りたいと思います。私も1年間に数回現地に日本の営業に行っていますので、気軽にご相談ください。

アジアクリック 高橋学

ShareThis

ShareThis