2014年3月17日月曜日

【タイ】実店舗に誘客!動画による化粧品Webキャンペーンの成功事例


タイは、東南アジアでもっとも化粧品の市場規模が大きいと言われている国。伝統的なスパやマッサージの文化を有し、女性の美意識も高いことから、美容大国としても知られていますよね。今回は、そんなタイの化粧品会社が展開した、テレビCMとフェイスブック連動の動画キャンペーンの成功事例を紹介しましょう。




「オリエンタルプリンセス」は、低価格かつ質の良さが売りの若者向けコスメブランドです。同社は商品の新シリーズ発表にあわせ、より幅広い層の顧客獲得に向けた、視聴者参加型のミステリー短編動画を制作しました。化粧品の世界観を表現した謎解きストーリーで、メイクした美しい6人の容疑者の中から、殺人事件の犯人を探すというものです。




まずテレビCMで予告編を流し、フェイスブックページの4つの本編動画へと消費者を誘導。本編動画での視聴を進めると、容疑者が絞り込まれていくと同時に、実店舗で使えるクーポンが獲得できる仕組みです。

結果、テレビCM開始から2週間で、約30万人がフェイスブックを訪問し、14万人以上の人がゲームに参加。うち約4万人がクーポンを獲得しました。これにより、店舗で期間限定販売していたコスメキットが、その販売終了日を待たずにすべて売り切れたそうです。

タイの化粧品販売は実店舗型が主流のため、客をいかに店舗へ呼び込めるかが、大きな鍵となります。ネット店舗に比べてハードルの高い実店舗への誘客は、大きなインパクトとエンターテインメント性を兼ね備えた動画キャンペーンで、面白いもの大好きなタイ人へ訴求しましょう!

ShareThis

ShareThis