2013年12月12日木曜日

タイ語Facebook3つの最新事例 〜タイ人観光客は、観光地でチェックインする!

タイのFacebook人口は日本以上の2200万人。
また、タイ人はインスタグラムなどの写真SNSを多用する傾向があります。
今日は、タイ人観光客にむけてFacebookを活用している3事例を紹介します。


事例1〜タイ人観光客にはより美しい写真が必要


          https://www.facebook.com/visitjapanth?fref=ts




Visit Japanキャンペーンのタイ語Facebookです。
写真が美しく、いいね!数、シェア数ともに1,400件などの数をたたき出しています。
その他にも銀山温泉の雪景色などが1,000いいね!以上を記録していますが、
その要因は、タイ人観光客にとって紅葉や雪、そして日本建築といった日本ならではのコンテンツが美しい写真として投稿されているからです。
これは写真でのコミュニケーションが好きなタイ人であればいいね!もシェアもすぐにしたくなる写真。 美しい日本コンテンツ写真はタイ人観光客には欠かせません。


事例2 〜タイ人は文字を読み書きしないという訳ではない

https://www.facebook.com/pages/ศูนย์ข้อมูลการท่องเที่ยวโอกินาว่า-ประเทศญี่ปุ่น/139903852740225?fref=ts

Welcome to OkinawaのFacebookです。
タイ語Facebookには珍しく、語りかけ口調で投稿を行い、ファンからコメントを引き出しています。タイ人は「一年に8行しか文字を読まない」といわれますが、興味のある話題についてはその限りではありません。


事例3 〜 タイ人は、観光地でチェックインをする






https://www.facebook.com/Monococo.Thailand?fref=ts


八王子市にある、タイの仏教寺院のFacebookです。
注目すべきは、いいね!している人558人に対して、話題にしている人が184人、チェックインしている人が1,104人いるということです。
この事例が示していることは、タイ人が観光地でチェックインをするという事実です。
チェックインをされることで、そのページはFacebook のグラフサーチの上位にでてきます。つまり、より周知されやすくなるということですね。

今後、来たるタイ人観光客を有効に取り入れるためにも、Facebookを入り口として活用していきましょう。
(アジアクリック 高橋ひかり)


【本日19時、アジア勉強会を開催】
12/12(木)に、ASEAN5カ国市場セミナーを東京日本橋にて開催します。
http://kokucheese.com/event/index/131095/

ホストはSNSやiPhoneの多くの著作を持つ徳本昌大氏。東南アジア5マーケットを一気に学ぶチャンスです!


お問合せは:電話 03-6205-5619  メール info@asiaclick.jp まで。



ShareThis

ShareThis