2013年12月5日木曜日

【バンコク-仙台直行便就航】タイ人観光客が行きたい3ヶ所とは?


サワディーカップ! タイ特派員のワースです。

昨日12月3日に、バンコク-仙台直行便が就航しました。
バンコクでは既に、何種類もの仙台東北の旅行ガイドが出ており、いろいろな写真を見ただけで、東北へ行ってみたいという気持ちになりました。なぜなら、東北は海や高い山などのきれいな自然に囲まれていて、とても美しいところでもあり、おもしろい観光地もたくさんあるからです。行ってみたい所は以下の三ヶ所です。
松島湾

まず、日本三景の一つであり、宮城県にある松島湾です。そこで船に乗り、周りを飛んでいるかもめたちに餌をやりながら、日差しで輝く海ときれいな八十島を見たいです。
仙台定禅寺通り
次にお城の町と言われている仙台です。ケヤキの木がたくさん並んでいる定禅寺通りを歩きながら、町を見物したり、道の中にある面白い銅像を見たりしたいです。秋になったら美しい紅葉が見れるでしょう。また、仙台の名物である『ささかぼこ』という魚の白身から作られたFishballを味見したいです。
    

大内宿
最後に福島県にある旅館で泊まって、美しき自然に囲まれた芦ノ牧温泉に入って疲れを癒してから、夕暮れが訪れる頃に、江戸時代の面影が残っている大内宿へ、昔の街並みや江戸時代の生活を見学しに行きたいです。    
ここまであげた場所はもしチャンスがあったらぜひ行ってみたいところです。なぜなら美しい自然もあり、美味しそうな料理も食べられる為、いままで自分が経験したことがない思い出を作れるからです。また、四季にしたがって移り変わる景色を楽しみたいです。    

ほかにも、東北であるお祭りはどこで行われるか、東北の文化や芸術は日本のほかの場所とどう違うか、東北限定のものは何かもしりたいです。    大低のタイ人は日本というと東京や京都、大阪または北海道を想像し、東北を詳しく知っている人はほとんどいないと思います。そして、自然や歴史に興味を持って日本に行こうと決める人よりも、買い物のために日本を旅行するタイ人や、東北よりよくテレビやインターネットに出てくる場所にしか行かない人のほうが多いと思います。ですから、もし今より東北についてインターネットやテレビの番組などで宣伝を行えば、タイ人も確実に今まで以上に東北を身近に感じることができるでしょう。
 (バンコク特派員/ワース)


【 シンガポールで、自治体・企業のPRオフィス機能代行します 】
東南アジア市場のPRオフィス機能を代行、ASEANの消費者と日本のビジネスマッチングを提供しています。 観光インバウンドに、企業の現地営業サポートに。詳しくは
http://asiasns.blogspot.jp/2014/02/prasean.html

ご相談は、電話 03-6205-5619 またはメール info@asiaclick.jp までお気軽にどうぞ。

ShareThis

ShareThis