2013年10月17日木曜日

インドネシアで入賞の出前注文サイト、Klik-eatに東南アジアECを学ぶ

 こんにちは!インドネシア特派員のルキです。
 中間所得層がどんどん増え、2030年には全人口の7割に届くインドネシア。 今日はそんなインドネシア市場を狙ったデリバリーサービス、Klik-eat(クリックイート)についてお知らせします。
 モスバーガーや大戸屋、ペッパーランチも出店しており、日本食も人気のようです。


 klik-eatは、2011年に設立された出前注文サイトで、2012年1月にサービスを開始しました。日本のdamae-canのように、klik-eatはウェブサイト介して、地元レストランが表示されて、顧客は電話またはインスタントメッセージングで注文できます。現在は 175以上のレストランを記載されています。

・誰が買っているか?
•忙しい人、独身
•状況的な需要(雨の日、大変渋滞中)
•突然なイベント(オフィスの会議、パーティー)

・買う理由は?
宅配サービスはだいたいファストーフードだけしかありません。そのため宅配が要るときでも皆、このファストーフードのメニューもう飽きてしまっているのです。それに対しKlik-eatは約175店のメニュー揃えていますので、色々な食べものを宅配出来ます。

・渋滞は大丈夫?
デリバリーはオートバイを使うので、渋滞でも早い(車に比べ)。デリバリー時間は45−60分で届けられます。

・支払い方法はクレジットカード?
支払い方法が三つがあります:
•クレジットカード
•e-banking
•money deposit


 klik-eatはインドネシアのechelon 2012「アジアbest startup businessというイベント」でJudges’ Choice Awardという賞に選ばれました。その理由は最も潜在的なスタートアップです。そして今年『夢の町創造委員会』から資金を調達しました。
 だから、私もklik-eatは「夢の町創造委員会」のサポートを得て、すぐ大きくなると思います。ジャカルタの渋滞の問題がまだ解決で、中産階級の消費者が増ている限り、流行するはずです

成長するにつれてニーズがどんどん増える2億4000万人のインドネシアを、ECサイトでチャレンジしてみませんか?
(アジアクリック/インドネシア特派員・ルキ)



拙著がAmazon・楽天koboなどで発売になりました。
 http://amzn.to/17VXzlL
 アジア市場を知りたい方・観光インバウンド業の方・WEB業界の方にお勧めです。
 


【 シンガポールで、自治体・企業のPRオフィス機能代行します 】
東南アジア市場のPRオフィス機能を代行、ASEANの消費者と日本のビジネスマッチングを提供しています。 観光インバウンドに、企業の現地営業サポートに。詳しくは
http://asiasns.blogspot.jp/2014/02/prasean.html

ご相談は、電話 03-6205-5619 またはメール info@asiaclick.jp までお気軽にどうぞ。

ShareThis

ShareThis