2013年10月13日日曜日

一問一答でわかる!東南アジアの携帯機器事情を知ろう - タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア市場情報

今日は東南アジアのスマホPC・タブレット・ネット事情について一問一答でお話します。

スマホをいじっている率は東京より高いと思われる東南アジア(写真はバンコク)

Q タイやマレシアではスマホの普及率が高いって本当ですか状を教えてください
A スマホの普及率は日本より高く3倍ですスマホ率は5075%。
スマホはアンドロイドが安いもので3000からえますSIMフリなので好きな機種SIMドに差し替えるだけで自由に使えます
 

Q 各国でデバイスの特はありますか
A はいタイはiPhoneマレシアはサムソンのギャラクシーシリーズシンガポルもiPhoneインドネシアはBlackBerryが人です。しかし、各国とも大画面化の傾向があり、iPhoneBlackberryは人気に陰りが見えます。


Q
 PCとスマホの使い方に何か特はありますか
A
 はい今はPCではなくスマホ利用が殆どですね
  各国スマホの普及率はタイ53%・マレーシア46%・シンガポール70%・インドネシア65%です。 日本の44%よりも高いです。 PCはオフィスで仕事用または自宅でゲ写真整理に用いスマホではチャットやFacebookツイッタなどのソシャルメディアで友達家族と交流しています。多くの人が常にスマホを手元においてどこでもいじっています。


Q3 タブレットはどうでしょうか
A3 タブレットもiPadや他メを中心によく使われています
 街でフルサイズのiPadのような大きなタブレットを持ち写真を撮っている姿をよくかけます
 各国では比較的3G発達しておりGにつないでWEB閲覧をしています
 

Q4 彼らはスマートフォンやタブレットで、何をしているのでしょうか?

共通しているのは「SNS」と「チャット」です。
SNSはFacebook、ツイッター、Insstagram。
チャットはLINE、WeChat、BBM、Whatsappですね。
家族や友人の状態とつながる、また旅行やブランドなどお得情報を得る傾向があります。
次点はCandy Crush Sagaなどに代表される落ち物ゲームですね。

日本のスマホ比率は44%。東南アジア各国はシンガポールで70%、インドネシアで65%など各国日本より高い割合でスマホを使い、チャットやSNSで情報交換をしています。
これらASEAN諸国市場のマーケティングは、スマホを通じたSNS活用が第一歩なのです。
(アジアクリック/高橋学)




拙著がAmazon・楽天koboなどで発売になりました。
 http://amzn.to/17VXzlL
 アジア市場を知りたい方・観光インバウンド業の方・WEB業界の方にお勧めです。
 


タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア・中国
アジアからの観光インバウンド、各国WEB開設・運営、
ASEAN各国テストマーケティング・アンケートは
-----------------
株式会社アジアクリック
東京都新宿区新宿6-27-1 LG新宿318
TEL  03-6205-5619
Mail  
info@asiaclick.jp
Web  www.asiaclick.jp
Facebook https://www.facebook.com/asiaclick.jp
(アジア各国の特派員による、現地からの生情報)
-----------------

ShareThis

ShareThis