2013年10月13日日曜日

突撃!東南アジアのスマホ事情! - タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア情報

日本以上のスマホ大国、東南アジア。
今回はタイ・マレーシア・シンガポール・インドネシアと、国別に以下の内容でそれぞれインタビューしてみました。

---
1 使っているスマホはなんですか?
2 スマホを一日何時間くらい使いますか?
3 スマホを使う主な目的は何ですか?
---

      タイ タムさん(20代・男性・大学院生)
1:iPhone4です。
2: 寝る時以外は大体いじっています。
3: ゲームやLINEFacebookもします。友達を増やすのに使いますね。

      マレーシア ホゼさん(20代・女性・大学生)
1:サムスンGalaxy note 2です。
2:寝るときも常に手元においているか、バッグの中です。
3:Facebookで友達の状況確認や、LINEWeChatでおしゃべり。疲れた時にもYoutubeで日本アニメを見て気晴らしします。

      シンガポール シャロンさん(30代・女性・日系企業社員)
1:iPhone5です。
2:仕事場以外でのFacebookの書込み・ニュースのチェック時。
3: Whatsapp(メッセンジャー)で友達とおしゃべり、Facebookです。スマホはミニパソコン。PCはオフィスで使いますが、他はタブレットかスマホで済ませます。

      インドネシア ロナルドさん(30代・男性・会社員)
1:Blackberryです。
2: 肌身話さず持ち歩き、会社と家族からの連絡には即時答えています。
3: BlackberryMessangerBBM。無料で使えるメッセンジャーアプリ)です。あとはツイッターで友達の状況と趣味の情報収集です。


上から、タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシアの携帯電話用SIMカード。スマートフォンに入れ替えて使う。日本のWifi機器でのテザリングも可能。

いかがでしょうか?
日本以上に「チャット」と「Facebook」に依存している東南アジアコミュニケーション事情が見えます。
やはりタイ・マレーシア・シンガポール・インドネシアでのマーケティングの第一歩は、スマホを通したFacebookマーケティングなのです。
(アジアクリック/高橋学)

拙著がAmazon・楽天koboなどで発売になりました。
 http://amzn.to/17VXzlL
 アジア市場を知りたい方・観光インバウンド業の方・WEB業界の方にお勧めです。



【 シンガポールで、自治体・企業のPRオフィス機能代行します 】
東南アジア市場のPRオフィス機能を代行、ASEANの消費者と日本のビジネスマッチングを提供しています。 観光インバウンドに、企業の現地営業サポートに。詳しくは
ご相談は、電話 03-6205-5619 またはメール info@asiaclick.jp までお気軽にどうぞ。 





ShareThis

ShareThis