2014年1月15日水曜日

インドネシア人観光客、3つの情報源で訪日FITが進む!? 

Selamat siang, インドネシア担当のルキです。
インドネシアの旅行者はどこに行っても価格次第です。旅行の色々な情報をどこから仕入れするのでしょうか? 今日はインドネシア人観光客の特徴を紹介します。



1、日本にいる友達と親戚にFacebookで聞く

 これはやっぱり一番です。なぜかというと友達からの情報が信頼できるからです。色々な心配も解決です。ビザの取り方とか、どこか泊まるとか、一番安い方法が教えられます。
しかも最近インドネシアではSNSが繋がりやすいので優先第一です。
インドネシア人同士での観光に関してのやりとりにも、やはりFacebookメッセージを使っています。


2,Googleでブログ検索する

 日本旅行した体験談ブログを検索します。情報はバラバラですが一番安い方法やハラル、モスク、イスラム対応のホテルなどの実体験なので信じれます。


3、旅行格安サイト

友達または親戚いなかったら、パソコンでエアアジアやエクスペディア、アゴダといったサイトを見ます。最近Airasiaのウェブで飛行機のチケットだけじゃなくて、ホテルまでも予約できます。この方法は便利の上で、時間と予算に合いやすいだと思います。しかし、この個人旅行は若者たち(10代、20代)中心のFIT個人旅行の方法です。


3、旅行会社に相談する

これが一番下だと思います。ツアーは便利ですけど、高くなってしまいます。しかもあまり自由時間がないです。人によって行きたい観光地が違うので、行きたくない所も行かさせれてしまいます。この方法は多分友達が日本にいない、30代以上の選択肢になります。

インドネシア人は「食べるものがなくても集まって話そう」という国民性くらい、おしゃべりが好きです。以上のように、安い飛行機やホテルが自分で探せますから、インドネシア人観光客を呼び込むなら、今から個人を狙って行って良いです。Facebookで日本の美味しいもの、きれいなもの、インドネシアにないものをどんどん教えて下さい!
(インドネシア担当/ルキ)


【アジアSNSセミナー】
2014年 1/16(木)に「アジアとのコミュニケーション方法を、成功・失敗事例から学ぶ!」勉強会を行います。ホストは徳本昌大氏。タイ・ベトナム・マレーシア・シンガポール・インドネシアでの現地事例から、どうやればアジアで消費者とコミュニケーションできるのかを解説します。詳細→ http://ptix.co/19ABiMu

インドネシア、東南アジア諸国からの観光インバウンドPRは
-----------------
株式会社アジアクリック
(アジア各国の特派員による、現地からの生情報)

ShareThis

ShareThis