2013年7月15日月曜日

SNSで、外国の友達やビジネスパートナーを見つける方法

こんにちは、アジアクリックの高橋学です。
今日は海の日ということで。私がどのように海外の友達ビジネスパートナーを SNSで見つけ仲良くなり実際にプロジェクトやいっしょに遊んでいるのかをお伝えしたいと思います。



1,まずターゲットを決める。
夏どんな人と仲良くなりたいか探しているのかを明確にします。
国籍・国・性別・年齢・趣味・生活どのくらいの頻度でSNSを使っているか、日本語好きか否か。

ターゲットによって使うSNSは違ってきます。
例えばビジネスに特化したものであればLinkedin 。
プライベートでも仲良くなりたいと思うのならFacebook 。
Facebookの表示言語を英語に誓えば、グラフサーチと呼ばれる趣味や場所などで人を探すシステムを使うこともできます。
ローカルの人と知り合いたいと思うのならインドネシアならKaskusなど現地のSNSに書き込むのが良いでしょう。

Facebookのヒト検索「グラフサーチ」がまもなくローンチする
また、まもなく世界にローンチするFacebookの「グラフサーチ」でとても手軽に新しい人々と繋がれるので、ぜひ楽しみにしておいてください。

2,スマホアプリを使ってみる。LINEやWeChat(ウェイシン)など。
中国や東南アジアに見るとLINEやWeChat(ウェイシン)などが多く使われていてとてもびっくりします。
例えばウェイシンには近くにいる人を表示する機能がありますのでイベント会場などに行けば同じ趣味の人たちと出会えると言うわけです。

ウェイシンで近くにいる人をリスト表示。すぐ会話を始めることが出来る。
タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア・中国でよく使われています。

3,「飾らず」「素直に」「相手のメリットを考えて」がコミュニケーションのコツ。言語は日本語でも構わない。
外国人の人たちとSNSでニケーションするのですからこちらは当然日本人だと見られます。やはり大は日本に興味を持ってる人が集まってますね。しかし長く付き合いたいのであれば自分をそのまま出すのが最も良いと思います。仲良くなれる人と仲良くなれない人というのはそのタイミングにもおりますがある程度決まっているものですから。



コミニケーションする言語は英語や現地の言葉がもちろん1番良いのですが日本人ですから日本語でも構いません。相手も翻訳ソフトなどを使って翻訳をして一生懸命解してくれることも多いです。日本語だけでコミニケーションをしていると周りには日本語ができる外国人が集まってきますよ。
 言葉より最も大切なのはコミニケーションして仲良くなろう、相手の国や文化を知ろうと言うことだと思います。

個人でも企業でも、SNSで海外と繋がる方法は同じ。
手に届く所(PC・スマホ)に、こうして新しい世界が広がっているのです。
(高橋学・アジアクリック)


タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア・中国
アジアからの観光インバウンド、各国SNS開設・運営、
ASEAN各国テストマーケティング・アンケートは
-----------------
株式会社アジアクリック
東京都新宿区新宿6-27-1 LG新宿318
TEL  03-6205-5619
Mail  info@asiaclick.jp
Web  www.asiaclick.jp
Facebook https://www.facebook.com/asiaclick.jp

-----------------


ShareThis

ShareThis