2013年7月29日月曜日

インドネシアとマレーシアのマーケット市場比較、日本企業が進出するならどちら?

「今すぐ」進出ならマレーシア、5年後ならインドネシア。
 と東南アジア業界では言われています。
 中間富裕層数と可処分所得、インフラ整備など総合的な見地から。




東南アジア市場に詳しい木下 一美
「 クアラルンプールは確かに今年になりサービスオフィスの数が急増している都市です。また日本企業だけでなく欧米企業の注目度関心度もあがってきているようです。シンガポールに比べオフィス料金もかなり安い(3~40%安)また平均的な利用率もまだ80%前後です。英語の利用度も高くまたハラルビジネスのアジアの拠点としても注目です。KLに拠点オフィスを検討してみるのもいいのではないでしょうか?」


タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア・中国
アジアからの観光インバウンド、各国SNS開設・運営、
ASEAN各国テストマーケティング・アンケートは
-----------------
株式会社アジアクリック
東京都新宿区新宿6-27-1 LG新宿318
TEL  03-6205-5619
Mail  info@asiaclick.jp
Web  www.asiaclick.jp
Facebook https://www.facebook.com/asiaclick.jp
(アジア各国の特派員による、現地からの生情報)
-----------------

ShareThis

ShareThis