2013年7月28日日曜日

インドネシア人観光客の特徴とPR方法

最近よく自治体や観光業の方から聞かれることを備忘録としてまとめました。

和紙作りを体験するインドネシア人観光客

▼インドネシア人観光客の特徴
・訪日するくらいのインドネシア人は、華人です。英語ができます。
・求めていることは、第一に日本の食事、避暑、そして買物です。
・インドネシア華人観光客に対しての禁忌は特にありません。
 しかし、
 ムスリム→ハラル(イスラムOK)に留意しましょう。
 お祈りの場所やラマダン月の夜中の食料供給など。
 多民族国家→ムスリム以外もいますので、インドネシア=ムスリムという単純な図式ではありません。宗教や民族の話には触れないようにしましょう。

▼インドネシア人観光客へのPR方法
・中間層→日本食、買い物、日本の技術です。
 インドネシアではまだまだ日本観光の情報が少ないですから、約5000万人のインドネシア人が使うFacebookと1年に1億ツイートとして世界最大のツイッター都市である首都ジャカルタ州民を狙って、ツイッター+Facebook+インドネシア語ホームページでPRしつつまずは生の声を集めましょう。
・富裕層もFacebookをiPhoneで観ていますが、あまり表に出たがらないのでそこまで効果があるかは疑問です。
平均年齢28歳のインドネシアでは、FacebookやツイッターなどSNSが有効

以下に当社インドネシア人特派員の訪日本音コメントを参考までに紹介します。

----

【インドネシア人観光客が、日本食に期待していること】

こんにちは!インドネシア特派員のロナルドです。今回はインドネシア人観光客が日本食に期待していることをお話させていただきます。
そもそも、インドネシア人が海外旅行をする目的は、①避暑と、②新たな食文化体験、にあります。

中でも日本食はインドネシア人にとってもとても魅力的です。実際、ジャカルタを中心にインドネシアでは寿司やラーメンを楽しめる日本食レストランが多く見受けられ、価格設定もリーズナブルなものから高級なものまで様々で、駐在日本人だけでなく多くのインドネシア人が利用しています。

故に、インドネシア人が日本へ行った時、日本食を食べることが何よりの楽しみなのです。それがたとえ、お鍋のような馴染みのないものであったとしても。笑 こうした経験が、日本食をインドネシアに根付かせていくのです。

----

インドネシア人観光客に対しての強みである本物の日本食をうまく活用してどんどんインドネシアに情報を届けて行きましょう。

もっと知りたい・不明な点はお気軽にお電話・メール下さい。
(アジアクリック/高橋学)


タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア・中国
アジアからの観光インバウンド、各国SNS開設・運営、
ASEAN各国テストマーケティング・アンケートは
-----------------
株式会社アジアクリック
東京都新宿区新宿6-27-1 LG新宿318
TEL  03-6205-5619
Mail  info@asiaclick.jp
Web  www.asiaclick.jp
Facebook https://www.facebook.com/asiaclick.jp
(アジア各国の特派員による、現地からの生情報)

-----------------

ShareThis

ShareThis