2013年7月28日日曜日

マレーシア人観光客の特徴とPR方法

訪日ビザが免除となったインドネシア人観光客とマレーシア人観光客。
前年比50%の勢いで増えています。
そこで、最近よく自治体や観光業の方から聞かれることを備忘録としてまとめました。

マレーシアはLCCエアアジアの本拠地。格安で日本旅行が出来る


▼マレーシア人観光客の特徴
・マレーシア観光客は、華人です。英語が母国語で漢字もできます。
・求めていることは、第一に日本の食事、異文化体験、そして買物です。
・マレーシア華人観光客に対しての禁忌は特にありません。
 しかし、これから増えると思われる
 マレー人(ムスリム)→ハラル(イスラムOK)に留意しましょう。
 豚などの食べ物、お祈りの場所やラマダン月の夜中の食料供給など。
・マレーシア華人は、若い人ならキティやディズニーランドやジブリ三鷹などキャラクターもの、デザート ケーキや果物などわかりやすいです。 25歳を過ぎると川越や日光、十条の商店街など古き良き日本(=本物の日本)体験をしたいです。着物を浅草で借りて東京スカイツリーに行く。。などアグレッシブに選択・行動します。


▼インドネシア人観光客へのPR方法
・中間層→訪日するのは多くが25〜40代のFITか家族です。
 マレーシア人にとっては、とくかくFacebook! 友達の口コミを確認し、旅行の予定を数カ月前に立てます。やはり東京大阪北海道京都などが最初となりますが、東北やその他地方にも、異文化を体験したい、本物を食べたい体験したいマレーシア華人には機会が多く有ると言えます。
・富裕層→やはり口コミになります。しかし地元の華字紙など新聞を定期購読している人もかなり多いようです

なんでも写真を撮ってFacebook、がマレーシア人流拡散法

以下に当社マレーシア人特派員の訪日本音コメントを参考までに紹介します。

----

【 マレーシアでのフェイスブックユーザー 】

アジアクリック・マレーシア特派員のIvyです。
ソーシャルメディアは、今やコミュニケーションやマーケティングの手段としてメインツールになりつつあります。マレーシアの人口は29,179,952人(2012年7月推定)で、全人口の45.82%、13,369,960人がフェイスブックユーザーで世界使用率は17位です。トータルオンラインユーザー数は83.62%です。1番高いマレーシアのファンページはマクドナルドで、フォロー数137万人中125万人がムスリム人によってフォローされてます。エアーアジアファンページにおいては1.15万人です。
マレーシア人でフェイスブックヘビーユーザーは毎日平均2時間使っています。
マレーシアの若者はあまり新聞を読みません。彼らはフェイスブックからニュースなどの情報や関心のある場所やブランド広告を得ているのです。


----

Facebookを活用するマレーシア人華人観光客と、イスラム圏の中でも厳しいマレー人観光客へのハラルフレンドリー対応。 まずは英語Facebook+英語ホームページで彼らと会話をはじめてみてはどうでしょうか。
(アジアクリック/高橋学)


拙著がAmazon・楽天koboなどで発売になりました。
 http://amzn.to/17VXzlL
 アジア市場を知りたい方・観光インバウンド業の方・WEB業界の方にお勧めです。
 


タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア・中国
アジアからの観光インバウンド、各国WEB開設・運営、
ASEAN各国テストマーケティング・アンケートは
-----------------
株式会社アジアクリック
東京都新宿区新宿6-27-1 LG新宿318
TEL  03-6205-5619
Mail  
info@asiaclick.jp
Web  www.asiaclick.jp
Facebook
https://www.facebook.com/asiaclick.jp
(アジア各国の特派員による、現地からの生情報)
-----------------


ShareThis

ShareThis