2013年4月29日月曜日

4つの結末、9つのストーリーをFacebook動画アプリで展開したインドネシア柔軟剤ブランドの事例


今日は、ソーシャルメディア先進国であるインドネシアの、動画プロモーションの実例を紹介しましょう。


2010年ころより、インドネシアではFacebookによるブランディングキャンペーンが多く行われてきました。衣服の柔軟剤ブランドであるDownyインドネシアは、ユーザーの選択によって4つの結末、9つのラブストーリーを展開できる動画をFacebookアプリでリリース。



ターゲットである20代インドネシア女性と感情コミュニケーションによって結果48,000いいね!、1,700フォロワー、1,500件のコメントを得ることができました。

この成功事例は、その後の東南アジアFacebook動画キャンペーンの礎となったのです。

この例から分かる通り、インドネシアを始めとした東南アジアの消費者はエンターテイメント、楽しさ、心地よさを求めます。楽しさの中からブランドに親しみを持つのですね。
 私達も、気持ちよく楽しくブランドを好きになり買ってもらうよう、パラダイムシフトをしていきたいものです。
(髙橋学/アジアクリック)


【 シンガポールで、自治体・企業のPRオフィス機能代行します 】
東南アジア市場のPRオフィス機能を代行、ASEANの消費者と日本のビジネスマッチングを提供しています。 観光インバウンドに、企業の現地営業サポートに。詳しくは
http://asiasns.blogspot.jp/2014/02/prasean.html

ご相談は、電話 03-6205-5619 またはメール info@asiaclick.jp までお気軽にどうぞ。

ShareThis

ShareThis