2013年4月27日土曜日

シンガポールで1001名の来店! THE BODY SHOPのFacebookAppマーケティング事例

今日はシンガポール・ボディショップの事例を紹介しましょう。
いつもオープンなボディショップ。もちろんFacebookでもブランドページを開設しています。


 そして、来店促進で一つのFacebookアプリを企画しました。
「美しいとは、外見か心か行いか?」です。


このアプリ個人情報(名前や住所等)を入力しに参加し投票すると、5シンガポールドル(400円相当)のバウチャーが電子メールに送付されます。
 しかも、それを持って来店すると THE BODY SHOPオリジナルのシャンプー(60ml✕3個)を貰えるという仕組みです。
(ちなみに「行い」が美しいという価値観が最も多かったようです)

結果、なんと合計1001名がボディショップに来店しました。

ブランドに合ったブランディング、美しい心を磨くためのTHE BODYSHOP。

シンガポールなど、東南アジアでも感情コミュニケーションは何よりも最強のマーケティングなのです。
(髙橋学/アジアクリック)

ShareThis

ShareThis