2013年4月21日日曜日

東南ア3カ国、ビザ免除で「訪日2000万人」へ観光インバウンド加速へ期待



アジアからのビザ免除の法案が通れば、観光インバウンドが大幅にテコ入れになると予想出来ます。

-------以下骨子

自民党が日本への外国人旅行者数を来年以降2千万人に増やすため、ビザ(査証)の大幅緩和策などを盛り込んだ「観光立国の実現による日本経済再生に向けた提言」案の全容が17日、わかった。東南アジアからの旅行客のビザを免除し、ビザの有効期限内であれば何度でも訪日できる「数次ビザ」の発給対象国も拡大する。政府が6月に取りまとめる成長戦略や、自民党の夏の参院選公約に反映させる。

目標達成のための柱に据えたのがビザ要件の緩和策だ。タイ、マレーシア、インドネシアの3カ国からの旅行客にはビザ取得を免除し、ベトナム、フィリピン、インドなどのアジア諸国とロシアには数次ビザを発給する。

激減した中国からの旅行客に代わってアジアやロシアからの旅行客を増やすことで、地域経済の活性化や雇用の増大につなげたい考えだ。
 また、訪日客に人気の高い化粧品、医薬品など免税対象品目を拡大する。

-------

私も今回の滞在中、現地の市民から
インドネシアジャカルタでは「ビザ・滞在コストが高い」
マレーシアクアラルンプールでも「飛行機はAirAsiaがあるので安いが、ホテルが高い」「予算は1日いくらあれば一般市民でも日本へ旅行できるのか」と聞かれました。

こちらにいると、あまりに訪日の情報が少ないことがわかります。
マレーシアではライバルが国内のペナンなどの島、シンガポール、タイなど近隣。
シンガポーリアンもまず東南アジア諸国に行きます。

片道7時間強もかけて行く高価な日本は、中身がより異文化体験でないとその価値とコストに見合わないと考えてしまいます。
 そこそこのお寿司など日本料理は都会なら普通に食べられますし、大体の日本製品も売っています。
 となると、日本人としての「本物の」サービス・質を磨き上げていくしかありません。

KLの回転寿司。味もなかなか、1皿180円程度

マナーの良いこれらの国々の人々に口コミ・リピートしてもらうため、彼らの声と文化を日本一丸となって聞き、英語で情報発信して行きましょう!
(髙橋学/アジアクリック)

タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア・中国
アジアからの観光インバウンド、各国SNS開設・運営は
-----------------
株式会社アジアクリック

東京都新宿区新宿6-27-1 LG新宿318
TEL  03-6205-5619
Mail  info@asiaclick.jp
Web  www.asiaclick.jp

Facebook https://www.facebook.com/asiaclick.jp

-----------------

ShareThis

ShareThis