2012年11月22日木曜日

中国ネチズンの97%はWEIBOを使っている。


昨日のユーザー属性に引き続き。
ニールセンの調査によると、中国ネチズンの97%はマイクロブログの4大WEIBOのいずれか(シナ、テンセント、ソウフー、ワンイ)を使っている。


4大WEIBOの内訳は以下の通り。


4大WEIBOのそれぞれの特色はこちらを参照されたい。


人人網などSNSの比率は下がっているが、学生が多いなどユーザー属性を見てWEIBOやWeChatと組み合わせてマーケティングに活用すべきだろう。

LBS(位置情報サービス)のユーザーは10%と少なく見えるが、これから間違いなく伸びる分野だ。現在地付近のタイムセールがPUSHで来るなど、時間軸と場所軸を加えた販売促進活用が可能で、最も有力なツールはWeChatである。

日本企業で言えば、商品が提供できるライフスタイルのメッセージを明確にし、97%にリーチできる4大Weiboでブランディング、WeChatでO2Oというのが基本でプラス、現地でのイベントやキャンペーンといったスタッフや顧客に依存した温かみのあるマーケティング活動(現地化)がキーワードとなるだろう。

顧客が常に求めているのは「自分は気持ち良いか、豊かになるか」だ。WeiboやWeChatはそれらを期待させるツールに過ぎない。



高橋学 / アジアSNSコンサルタント

----------------- 

アジアの消費者と日本企業が繋がる仲良くなるうまくいく。
株式会社アジアクリック

東京都新宿区新宿627318
電話 03-6205-5619
FAX 03-6205-5618
www.asiaclick.jp

Twitter     : mana0220
新浪微博:http://weibo.com/webken


ShareThis

ShareThis