2012年11月26日月曜日

次世代SNSの戦い - LINE・カカオトーク・WeChatのビジネス活用比較


台湾のWeChatの看板
今日は次世代SNSである3大インスタント・メッセンジャーの最新状況をシェアします。

▼アジア市場における、次世代3大インスタント・メッセンジャーの戦いが加熱している。

・カカオトークは韓国の95%のスマホにインストール済で、韓国以外にアメリカと日本に1800万人のユーザーを持ち、インドネシア市場に進出直前。
・LINEの7000万人ユーザーの半数はタイと台湾で、中国本土に進出。
・WeChatは中国ではユーザー2億人を超え圧倒的。マレーシアやタイ、インドネシアで人気、インドに進出、日本に進出予定。



▼台湾では今年LINEが進出、またWeChatも進出し広告合戦が繰り広げられている
      LINEの台湾CMを見る  WeChatの台湾CMを見る


広告合戦のこの結果、台湾のAppストアでは熾烈な順位争いになっています。
アジア定番のWhatsAppやBBMの次世代メッセンジャーの戦いだ


▼ビジネス活用における、それぞれの特徴は?
どのサービスも企業アカウントを開設可能

やはり最も異なるのはその地域テリトリー。日本はLINE、カカオは韓国で圧倒的ですが、WeChatは中国からタイやマレーシア、インドネシアといった東南アジアでの地位を固めつつあります。
 また唯一、LBS(位置情報)を使いアプリ内で人や企業と繋がれるのがWeChatの強みです。


▼今後は「直接対話」「位置情報」「日本ブランド」が鍵
LINEは日本で大成功を収めたが悩みも多いようです。カカオトークはYahoo Japanより投資を受け体制を強化しています。またDeNAも10月に「Comm」をリリースしたばかり。しかもアジア進出にはアジア最大のIT会社テンセントのWeChatの壁が立ちはだかります。
世界4位人口2.4億人を誇るインドネシア市場でも、カカオトークが現地企業と組み進出間近で、WeChatもブラックベリーと提携し、先行メッセンジャー「Qute」のノウハウを活用し体制を強化しています。
Facebookの次世代は、いずれにしてもスマホネイティブである彼らインスタント・メッセンジャーであるのは間違いないでしょう。
私たちは以上の3大サービスを活用しつつ、
1)消費者との直接コミュニケーションノウハウ
2)位置情報・時間軸を取り入れたPUSH型誘客ノウハウ
3)各国市場における、日本ブランドならではの表現ノウハウ
これら新しいマーケティングノウハウを、自社内に蓄積し続けていかねばならないでしょう。

高橋学 / アジアSNSコンサルタント

----------------- 

アジアの消費者と日本企業が繋がる仲良くなるうまくいく。
株式会社アジアクリック

東京都新宿区新宿627318
電話 03-6205-5619
FAX 03-6205-5618
www.asiaclick.jp

Twitter     : mana0220
新浪微博:http://weibo.com/webken




ShareThis

ShareThis