2012年10月23日火曜日

アジア各国の中国語力、英語力、ソーシャルメディア公用語


21世紀はアジアの時代、ネットの時代。
しかしアジア各国で使われている言葉は何語でしょうか?
また、ソーシャルメディアでは?



私達日本人にとって、英語が通じやすいミャンマー、シンガポール、マレーシア、インドネシアはビジネスでもコミュニケーションが取りやすそうです。

また、英語に加えて中国語が出来る方は、シンガポール、マレーシア、インドネシアをセカンドチャイナ市場として検討してもよいでしょう。

ソーシャルメディア言語は様々ですね。 
言語を含めた「現地化」が、ビジネスの成否を分けそうです。

もちろん、企業にとっては更なる検討材料が必要になりますが、もうひとつの世界であるインターネットから、アジア市場とのコミュニケーションを始めてみてはいかがでしょうか?


▼当社の多言語ホームページ制作はこちら。
http://www.webken.or.jp/ホーム/多言語ホームページ制作-翻訳-英語-韓国語-中国語-インドネシア語-マレーシア語-ベトナム語-タイ語他/


高橋学 / アジアソーシャルマーケッター

-----------------

一般社団法人 中小企業WEB活用研究会

東京都新宿区新宿6−27−1−318
電話 03-6205-5619
FAX 03-6205-5618
Mail   info@webken.or.jp
(gaku.takahashi@gmail.com)
www.webken.or.jp

Twitter     : mana0220
Facebook: facebook.com/gaku.takahashi
Linkedin  : http://jp.linkedin.com/in/manabutakahashi
新浪微博:http://weibo.com/webken

<<ウェイボー研究所>> 
http://www.facebook.com/weiboken

ShareThis

ShareThis